茶の湯は「堅苦しい趣味」と受け取られがちですが、実際はどうなのでしょう。千利休の時代から今日に至るまで、なぜ茶の湯が続いてきたのか。その魅力を探ってみました。

文=福永和子

写真=下曽山弓子


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。