花レンコン

1.手に持ちやすく、むきやすい厚さ(1.5cmほど)にレンコンを輪切りにします。レンコンの穴と穴の間に、包丁で三角の切り込みを入れ、一周します。

2.切り込みを入れた角をなめらかにするように包丁でむきながら調整し、きれいなカーブを作っていきます。この時に使う包丁はペティナイフが便利です。


かまぼこ

1.1cmほどの幅に切ったかまぼこの、桃色の部分を残すようにして、そぐように切ります。この時、端の部分は残しておきます。

2.そいだ部分の桃色のかまぼこの真ん中に切り込みを入れて、くるりとねじるようにゆっくり通して、元の位置にもどすように置きます。


梅ニンジン

1.1cmの厚さ(煮物の場合)に輪切りにしたニンジンを梅型で抜きます。花びらの先端から中心に向かってそれぞれ5箇所に、軽く切り込みを入れます。

2.5つの花びらに立体感が出るように、切り込みを入れた部分へと、月の形になるように薄く切っていきます。


調理を終えて

おせち料理の品は、ここで紹介した以外にもあります。家族の好きなメニューをアレンジして盛り込むのもいいアイデアだと思います。慌ただしい師走ですが、おせち作りに向き合う時間は心豊かに過ごせる気がします。

毎年、メニューが増えたり変化したり。わが家の味が盛り込まれていくおせちは、歳月を重ねていく節目に、まことにふさわしいごちそうではないでしょうか。


各情報は掲載時のものです。料金や内容が変わっている場合もあります。